MENU

動脈硬化ってどんな病気?

動脈の役割をご存知ですか?

 

カラダの隅々まで酸素や栄養素などを運んでくれる、とっても大切な役割を
担っているのが動脈です。

 

動脈というのは、年齢とともに老化してしまいます。

 

動脈の弾力性が失われて硬くなってしまったり、動脈内に色々な物質が沈着することにより、
血管が狭くなってしまい、血液の流れが悪くなった状態を動脈硬化というんです。

 

 

動脈硬化の状態は3種類に分類されます。

粥状(じゅくじょう)硬化
細動脈(さいどうみゃく)硬化
中膜(ちゅうまく)硬化

 

病気になりやすいのは、「粥状(じゅくじょう)硬化」と「細動脈(さいどうみゃく)硬化」です。

 

 

動脈硬化ってどんな病気?関連ページ

動脈硬化の原因は?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
動脈硬化を改善するにはどうすれば?
動脈硬化は深刻な問題です。まだ、そこまで酷くないうちに改善することが、非常に大切です。では、どうすれば動脈硬化を改善することができるのでしょう?
このページの先頭へ