MENU

動脈硬化 改善記事一覧

動脈の役割をご存知ですか?カラダの隅々まで酸素や栄養素などを運んでくれる、とっても大切な役割を担っているのが動脈です。動脈というのは、年齢とともに老化してしまいます。動脈の弾力性が失われて硬くなってしまったり、動脈内に色々な物質が沈着することにより、血管が狭くなってしまい、血液の流れが悪くなった状態を動脈硬化というんです。動脈硬化の状態は3種類に分類されます。粥状(じゅくじょう)硬化細動脈(さいど...

動脈硬化の状態は、3種類あるごご紹介しましたが、臨床的に最も重要である粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化です。動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫ができてしまい、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなってしまいます。粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈が完全にふさがってしまいます。粥腫の原料となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)というのは、動物性脂...

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪がたまり、弾力性や柔軟性を失った状態を言い、スムーズに血液が流れない状態のことを言います。動脈硬化が進行すると、心疾患や心筋梗塞、脳卒中や脳梗塞や脳出血などを引き起こす恐れがあるので動脈硬化に対する知識を持ち、予防していくことが大切なのです。では、動脈硬化を改善させるには、どうすればよいのでしょうか?動脈硬化は、はっきりとわかる自覚症状がないので、早期発...

このページの先頭へ