動脈硬化の原因は?

動脈硬化の状態は、3種類あるごご紹介しましたが、臨床的に最も重要である
粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化です。

 

動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫ができてしまい、次第に肥厚することで動脈の内腔が
狭くなってしまいます。
粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈が完全にふさがってしまいます。

 

粥腫の原料となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)というのは、動物性脂肪に多く含まれているんです。

 

一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)には、動脈硬化を予防してくれる作用があります。
中性脂肪も動脈硬化を促すといわれていますが、中性脂肪値は、糖分やアルコールの摂取などで
上昇すると言われていますので、普段からこれらを注意する必要があります。

 

 

細動脈硬化というのは、脳や腎臓のなかの細い動脈が硬化して血液が滞ってしまう動脈硬化です。
高血圧が長く続くことで発症すると言われています。

 

動脈硬化の発症の原因だったり、進行を早めたりする原因を“危険因子”と言います。

脂質異常症(高脂血症)
高血圧
糖尿病
喫煙
高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)
肥満
運動不足
ストレス
遺伝素因

などがあげられます。

 

また、これらの危険因子というのは、相互に関係しています!
因子が増えれば増えるほど、雪ダルマ式に動脈硬化の危険性が高まります。
治療や予防にも、これらの危険因子を減らすことがとても重要になってくるんです!

 

 

動脈硬化を予防するには、まずは運動と食事制限が大切です!

 

動脈硬化が進行してからでは手遅れですので、症状が出る前に
毎日の運動や食事制限を取り入れるのがとても大切です!

 

 

ただし、毎日運動なんて早々できませんよね?
そんな簡単に運動できるなら、動脈硬化にはならないって・・・・

 

そんな、運動嫌いなあなたには、中性脂肪を低下させる作用がある
トクホがおすすめです!

 

 

お手頃価格ではじめることができますので、ぜひお試ししてみて下さい!

 

>>中性脂肪が気になる方はこちらをクリック<<

 

 

 

動脈硬化の原因は?関連ページ

動脈硬化ってどんな病気?
イマークSは、動脈硬化を改善する作用も期待できるんです!動脈硬化に起因する怖い病気もありますので、予防が大切です!
動脈硬化を改善するにはどうすれば?
動脈硬化は深刻な問題です。まだ、そこまで酷くないうちに改善することが、非常に大切です。では、どうすれば動脈硬化を改善することができるのでしょう?