動脈硬化を改善するにはどうすれば?

動脈硬化,改善

動脈の役割をご存知ですか?

 

カラダの隅々まで酸素や栄養素などを運んでくれる、とっても大切な役割を
担っているのが動脈です。

 

動脈というのは、年齢とともに老化してしまいます。

 

動脈の弾力性が失われて硬くなってしまったり、動脈内に色々な物質が沈着することにより、
血管が狭くなってしまい、血液の流れが悪くなった状態を動脈硬化というんです。

 

 

動脈硬化の状態は3種類に分類されます。

  • 粥状(じゅくじょう)硬化
  • 細動脈(さいどうみゃく)硬化
  • 中膜(ちゅうまく)硬化

 

病気になりやすいのは、「粥状(じゅくじょう)硬化」と「細動脈(さいどうみゃく)硬化」なので、特に注意が必要です。

 

 

動脈硬化の原因って?

動脈硬化,改善

動脈硬化の状態は、3種類あるごご紹介しましたが、臨床的に最も重要である

粥状硬化は、大動脈、脳動脈、冠動脈など比較的太い動脈に起こる硬化です。

 

動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなる粥腫ができてしまい、次第に肥厚することで動脈の内腔が狭くなってしまいます。
粥腫が破れると血栓がつくられ、動脈が完全にふさがってしまいます。

 

粥腫の原料となる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)というのは、動物性脂肪に多く含まれているんです。

 

一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)には、動脈硬化を予防してくれる作用があります。
中性脂肪も動脈硬化を促すといわれていますが、中性脂肪値は、糖分やアルコールの摂取などで
上昇すると言われていますので、普段からこれらを注意する必要があります。

 

 

細動脈硬化というのは、脳や腎臓のなかの細い動脈が硬化して血液が滞ってしまう動脈硬化です。
高血圧が長く続くことで発症すると言われています。

 

動脈硬化の発症の原因だったり、進行を早めたりする原因を“危険因子”と言います。

  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)
  • 肥満
  • 運動不足
  • ストレス
  • 遺伝素因

などがあげられます。

 

また、これらの危険因子というのは、相互に関係しています!
因子が増えれば増えるほど、雪ダルマ式に動脈硬化の危険性が高まります。
治療や予防にも、これらの危険因子を減らすことがとても重要になってくるんです!

 

動脈硬化を改善するにはどうすれば良いの?

動脈硬化とは、動脈にコレステロールや中性脂肪がたまり、弾力性や柔軟性を失った状態を言い、スムーズに血液が流れない状態のことを言います。

 

動脈硬化が進行すると、心疾患や心筋梗塞、脳卒中や脳梗塞や脳出血などを引き起こす恐れがあるので動脈硬化に対する知識を持ち、予防していくことが大切なのです。

 

では、動脈硬化を改善させるには、どうすればよいのでしょうか?

 

動脈硬化は、はっきりとわかる自覚症状がないので、早期発見することは極めて難しいと言われています。しかし、定期的に病院へ行き、健康診断を受けることや、自宅で体重や血圧を測るなどして、動脈硬化を早期発見することができるのです。

 

動脈硬化を改善するには?

動脈硬化,改善

動脈硬化を改善させるには、毎日の食生活の改善が重要になります。

 

低カロリーの食事というわけではなく、バランスの取れた食事を心がけ、
ミネラルやビタミン補給をしっかり摂っていきましょう。

 

また、食事の量にも注意して、食べ過ぎることが無いように、水分を摂りながら食事をすることをお勧めします。
そのほかには、ダイエットをして運動を取り入れた生活をすることも対策になります。

 

また、脂身の多い肉を控えて、EPAやDHAが含まれている青魚を食べることで、中性脂肪率を下げる効果が期待できます。毎日の食事に取り入れていきましょう。

 

このように、運動や食事法で大きく改善させることができるので、
焦らずにコツコツと積み重ねていき、動脈硬化改善させ、健康を維持することができるのです。

 

 

動脈硬化を予防するには、まずは運動と食事制限が大切です!

 

動脈硬化が進行してからでは手遅れですので、症状が出る前に
毎日の運動や食事制限を取り入れるのがとても大切です!

 

 

ただし、毎日運動なんて早々できませんよね?
そんな簡単に運動できるなら、動脈硬化にはならないって・・・・

 

そんな、運動嫌いなあなたには、中性脂肪を低下させる作用がある
トクホがおすすめです!

 

 

お手頃価格ではじめることができますので、ぜひお試ししてみて下さい!

 

>>中性脂肪が気になる方はこちらをクリック<<