MENU

イマークSに含まれるEPAって何?

 

EPAというのは、エイコサペンタエン酸の略語です。EPAは、鰯(イワシ)などの青魚に多く含まれる、オメガ3系多価不飽和脂肪酸の一種の、青魚のサラサラ成分です。
人の体内では、ほぼ作ることができない必須脂肪酸ですので、毎日の食生活を通じて意識的に摂取することが必要な成分です。

 

なぜEPAが注目されているのでしょう?
EPAが注目されたきっかけは、面白いことに極寒の地グリーンランドに暮らす民族、
イヌイットの健康調査からなんです。

 

イヌイットの人たちの食生活というのは、アザラシの肉が主食で野菜などは
全くと言って良いほど摂らないにもかかわらず、健康な人の割合が多いということがわかりました。

 

そして、その理由を突き詰めていくと、その理由の1つが、血液中の豊富なEPA量であることがわかりました。
大量の魚をエサとするアザラシを食べることで、間接的に青魚のサラサラ成分である、
EPAを多く摂取していたのが、彼らの健康の秘密だったのです。

 

間接的にEPAを摂取していたなんて、不思議な感じがしますね!
摂取する生き物の食生活の成分が影響するなんて思ってもみませんでした。

 

ということで、EPAのサラサラ成分を摂取することで、健康なカラダを手に入れることができるんです。

 


イマークSに含まれるEPAって何?関連ページ

イマークSの成分は?
イマークSには、中性脂肪を低下させる作用のあるEPAとDHAが含まれているのが特徴です。飲むだけで簡単にEPAとDHAを摂取することができます♪
EPAの効果って何でしょう?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
EPAを摂取するならイマークSがおすすめ♪
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
イマークSの魚はどこの?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
このページの先頭へ