イマークS Q&A記事一覧

イマークSを1日の目安量より多く飲んでも問題ないですか?イマークSの1日あたりの目安量は1本ですが、多少多めに摂取しても問題ありません。食品ですので体調を見ながら飲むようにして下さい。ただし、まとめて多く摂取したからといって、より大きな効果が得られるということはありません。まずは、イマークSを1日1本毎日飲むようにして下さい。イマークSは、医薬品ではなく食品ですので、多少多めに飲んだとしても体に害...

「イマークSの賞味期限が短い」ということを気にしている方が以外と多いので、今回はイマークSの賞味期限について書いていきますね。イマークSの賞味期限は、実際に私の体験談から約2ヶ月ということがわかっています。この2ヶ月という賞味期限は短いのでしょうか?そして、なぜ缶に入っているのに、賞味期限が2ヶ月しかないのでしょう?イマークSは通販限定商品と賞味期限の関連って?以前書いた記事(イマークSを価格最安...

イマークSの対象者はどんな人ですか?・子供・女性・中性脂肪が高くない人これらの人が飲んでも問題ないのでしょうか?イマークSは、青魚が原料のEPA・DHA等の食品成分が原料です。ですから、女性や子供からお年寄りまで、どんな人でもお美味しく飲むことができます!また、中性脂肪が高くない人が飲んだとしても、中性脂肪が低くなりすぎてしまうという心配もありません!イマークSは、あらゆる年代の人が飲んでも問題あ...

イマークSは薬と一緒に飲んでも問題ありませんか?「イマークS」は、医薬品ではなく食料品です!ですから、お薬を飲んでいる方でも併用して安心してご利用可能です♪ただ、やっぱりクスリとの併用は心配!という場合は、通院中の方ならかかりつけのお医者様に相談してみて下さい。自己判断で飲む場合も注意しながら少しずつ飲むと安心ですね!「イマークS」は、食品成分が原材料なので、お薬を飲んでいる方でも飲むことができま...

イマークSが届いたら冷蔵庫に入れる必要がありますか?イマークSは常温で保存可能です。イマークSにリニューアルされる前の「イマーク」は、冷蔵保存が必須でしたが、ユーザーの多くの声を聞き、常温保存可能な「イマークS」が登場しました!イマークSが常温保存可能なのはうれしいですね!以下の写真にあるのが、イマークSがリニューアルする前の「イマーク」です。容器もビンで冷蔵保存必須だったため、持ち歩きたいという...

イマークSで効果を得るには、どのぐらいの期間のみ続ける必要がありますか?イマークSは、臨床試験で中性脂肪が約20%低下することが証明されています。これは、イマークSを毎日1本、約4~12週間飲み続けることで効果が期待できるようです。個人差がありますが、臨床試験で証明済みですので12週間は飲み続けるつもりで気長に実践して下さい。地道に続けていけば、きっと中性脂肪の低下を実感できると思います♪ダイエッ...

イマークSは、臨床試験で中性脂肪を低下させる効果があることが証明されているんです。イマークSには、青魚に多く含まれるEPAが豊富に含まれていますが、どこの魚のEPAなの?という質問がありました。残念ながら、どこの魚のEPAかはわかりませんでした。そもそも、魚から摂取したEPAかどうかもわかりませんよね^^EPAは、"エイコサペンタエン酸"の略語です。いわし等の青魚に多く含まれる、オメガ3系多価不飽...

イマークSは、知る人ぞ知る中性脂肪を低下させる効果を期待できる人気のあるトクホです!そんな人気のイマークS 動画がないかなと思って探してみました。というのもgoogleでイマークSを検索すると「イマークS 動画」と出てきましたので、イマークSの動画を探している人が多いのかなと思い、探してみました。某メジャーなトクホと違って、イマークSは派手にテレビCMやっていませんからね!それでも、これほど人気が...

イマークSは、中性脂肪が気になる方にお勧めで、生活習慣をサポートしてくれるトクホドリンクです。外食が多い人油ものや甘いものが好きな人お酒をよく飲む人運動不足の人食べ過ぎてしまう人このような生活習慣が続いてしまうと中性脂肪が増えてしまい、若い世代の方も注意が必要になってきています。イマークSは、このような生活習慣の改善にも期待できるのですが、実は産後のダイエットにもイマークSは効果的なのです。イマー...