【イマークS効果なし?】イマークSの効果を実感するには?

イマークSの効果を実感するにはどうすれば良いでしょう?

 

イマークSを試した人の中には、
『イマークSは効果がないからやめた!』
という人も多々いるようです。

 

やめる人は、10日間でやめる場合が多いみたいです。これは、何かというと「イマークS お試しセット」の10本がなくなってしまった時です。

 

ですが、このタイミングでやめるのは非常にもったいないです。イマークSは、毎日1本、4~12週間飲み続けることで効果が期待できます!

 

10日間ぐらいでやめてしまっては、効果が出るものも出なくなってしまう恐れがあります。地道な努力が必要です!

 

ニッスイ イマークSの効果を検証!

「イマークS お試しセット」を実際に購入して、イマークSの効果を検証してみました。「イマークS お試しセット」は、10本セットになっていますので10日間の実践レビューとなります。

 

効果を実感!

さてさて、実践レビューの結果ですが、結論から言いますと効果を実感できました。

 

もちろん、中性脂肪やコレステロール値を測ったわけではありませんので、数値では効果を見ることはできませんが、体調が明らかに違います!カラダが軽くなって、頭もスッキリといった感じです。

 

そして、便通も良くなりましたね。

 

これは、イマークSの成分(DHA+EPA)の栄養バランスが良いために、カラダの老廃物が全て吐き出されているのでしょう!最近はちょっと便秘気味だったのですが、スッキリしたおかげで、心なしかお腹周りもスッキリした感じがします。

 

ということで、イマークSは効果ありと言っても良いでしょう!

 

味がちょっと微妙

ただし、味については少し微妙でした。ヨーグルト味なんですけど、ちょっと魚臭さが混ざっている感じです。

 

味に敏感な方は、口コミにもあったように、イマークSをまずいと感じるかもしれないですね。

 

イマークSのヒト試験について

イマークSは、ヒト試験によって、血中中性脂肪値を低下させる作用がある認められました。

 

ヒト試験がどのように実施されたのかについてご紹介しますね。
詳しくは公式サイトを見てみて下さい。

 

 

血中中性脂肪値が120~200mg/dlを中心としたボランティア101名(男性61名、女性40名)を試験対象として集めて、イマークSとオリーブ油配合飲料を対象飲料としてランダムにグループ分けしました。
(イマークSを飲むグループとオリーブ油配合飲料を飲むグループ)

 

それぞれのグループの人たちに、12週間飲用を続けてもらい、血中中性脂肪の減少を測定、有効性の検討と安全性の確認を行いました。

 

その結果、イマークSを飲んだグループは血中中性脂肪値が試験前と比較すると、35.3~37.8mg/dl低下するという結果を得られました。(低下率としては、約20%です)

 

また、正常値の人が飲んだとしても問題にはならないという、安全性についても確認されました。

 

このように、イマークSの効果というのは、臨床試験の結果により明確です。だから、イマークSの効果というのは認められているのでしょう!

 

個人によって、効果が出始める時間というのは、バラバラだとは思いますが、続けることで多くの人が中性脂肪が低下する効果を実感できると思います。

 

イマークSの効果を実感するにはいつ飲むのが良い?

イマークSの効果を実感するにはいつ飲むのが良いのでしょう?
いつ飲むのか?今でしょう・・・

 

さて、イマークSはいつ飲んでも問題ありません!
イマークSは医薬品ではないため、食後30分以内に飲まないとダメなど、特に決まりはありません。

 

「あえてどの時間に飲むのが効果的ですか?」
と栄養士さん聞いてみたのですが、
「あえて言うなら、消化酵素がしっかり出る食後が良い」
ということです♪

 

さらに、どちらかといえば、「3食の中でも活動している時間が一番長い、朝・昼食後がおすすめです」ということです。

 

これは、トクホ全般に言えることですが、トクホを飲んだ後でウォーキングなど軽く体を動かすことで、より効果を得られる可能性が高くなります。

 

イマークSは、基本的には運動しなくても中性脂肪を低下させる効果が期待できるのですが、市販されているようなトクホというのは、トクホを飲んだ後で運動しないと効果はまず得られないとのことです。

 

体に負担になるような激しい運動は大変ですが、マイペースでできるウォーキングやストレッチなど適度な運動は積極的に行っていくべきです。

 

あなたが会社勤めをしている方なら、朝食後に飲むのが飲みやすいのではないでしょうか?

 

また、イマークSは、イマークからリニューアルされ常温保存が可能となりましたので、会社に持っていって昼食後に飲むというのも有りだと思います!

 

ただし、冷たいイマークSが好きという方は、朝食後がベストですね!

 

 

 

イマークSは子供の肥満にも効果あるの?

イマークSは、中性脂肪が気になる方にお勧めのドリンクですが、最近では若い世代の愛用者が増えています。

 

若い世代といっても、子供の肥満にも効果があるのでしょうか?

 

子供の肥満の大きな原因は、運動不足・高カロリーの食べ物を好んで食べる・テレビを見ながら食事をするので、つい食べ過ぎてしまう。というように、大人と同じ理由で肥満になってしまうのです。親が不規則な生活をしていると、子供の生活も不規則になり、偏った食事をしていると、子供も偏った栄養を摂ることになるので肥満の原因になってしまうのです。

 

イマークSは子供にはおすすめできません!

イマークSは、子供でも飲むことができるドリンクですが、子供が肥満解消のために飲むのはあまりおすすめできません。

 

子供は成長している段階なので、たくさん体を動かし、カロリーを消耗させてあげることで筋肉や骨も強くなっていくものです。健康で動かせる手足があるのなら、元気いっぱい遊ばせて肥満を解消させてあげましょう。

 

そして、親の食生活を見直し、子供にもバランスの良い食事を与えることが大切なのです。これだけでも、少しづつ肥満を解消させることができるので、親子で計画的に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

もし、手足をケガして、体を思うように動かせないのであれば、イマークSに頼ってもよいと思います。飲み続けることで効果を発揮していくので、継続して利用することが鍵になります。

 

イマークSの体験談はこちら

 

 

イマークSは、続けることさえできれば、中性脂肪を低下させる効果が期待できます!
これは、臨床試験でも証明されていますので、信頼できるのでは?