コレステロールを下げる薬を飲むタイミングは?

健康診断でLDLコレステロールが高すぎた場合に再検査を受ける必要があります。

 

コレステロールが基準範囲外となってしまう主な原因というのは、生活習慣の乱れがほとんどです。

 

再検査を受けた場合、よほど症状が悪くない限り、すぐに薬物療法は始めることはありません。
まずは、コレステロールを正常にするための食事療法・運動療法をするように
医師から告げられます。
(併せて軽い薬を処方される場合もあるようです)

 

どちらにしても、薬物療法だけでコレステロール値が改善することはありません。
医師に言われたことを、忠実に守るようにして下さい♪

 

 

 

薬を飲み始めるタイミングは?

 

主治医の判断によりますが、3ヶ月から6ヶ月間食事療法や運動療法を続けても、
症状が改善されない場合や悪化した場合に薬物療法を始めることが多いです。

 

自己判断で薬物療法を始めるのは危険ですので、主治医の指示に
従うようにして下さい。

 

 

処方される薬は?

 

処方される薬は、それぞれの症状にあわせて医師によって選択されます。
最近では、多くの人がコレステロール異常の症状を持っていることから、薬もそれに応じて
様々な種類のものが開発されています。

 

一般的によく処方される薬は、
「スタチン系」、「陰イオン交換樹脂」、「コレステロール吸収機構阻害剤」などがあります。

 

スタチン系薬剤 肝臓でのLDLコレステロール合成を抑制する
陰イオン交換樹脂 胆汁酸とコレステロールが腸で吸収されるのを抑制する
コレステロール吸収機構阻害剤 小腸からコレステロールが吸収されるのを阻害する

 

 

薬に副作用ってあるの?

 

コレステロールを下げる薬に副作用ってあるのでしょうか?
通常は、それほど心配する必要はありません。しかし、人によっては
副作用の症状が出る場合もあります。

 

最も多く使用されているスタチン系の薬には、特徴的な副作用として、
「横紋筋融解症」などの症状があります。
「横紋筋融解症」の症状としては、手足の痛みやだるさが出るというものです。
ヒドイ場合には、赤褐色の尿が出る、マヒなどがあります。

 

これは稀にしか出ないと言われていますが、症状が出た場合にはすぐに医師に
相談するようにして下さい。

 

 

症状が改善されたら薬はやめて良いの?

 

薬物療法でコレステロール値が改善されたら薬を飲むのは止めて良いのでしょうか?
自分の判断で薬の服用を止めるのは絶対やめて下さい!
薬の作用で一時的に症状が抑えられているだけで、コレステロールが改善されたわけではありません。

 

コレステロールの薬は、わりと長く飲み続けないと治らない場合が多いため、
主治医の指示に従って、服用をやめるようにして下さい。

 

 

コレステロールを下げる薬を飲むタイミングは?関連ページ

中性脂肪とコレステロールの関係は?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSはコレステロールの低下にも効果を期待できます! イマークSを購入してレビューしています♪
イマークSはLDLコレステロールにも効果あり?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
LDLコレステロールが高いのはなんで?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
コレステロールを下げる食事法!
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!