イマークSはLDLコレステロールにも効果あり?

 

イマークSには、LDLコレステロール、いわゆる悪玉コレステロールを撃退する
効果も期待できるのでしょうか?

 

 

イマークSの一番のウリは、中性脂肪を低下させる作用を期待できるということですが、
果たして、LDLコレステロールも下げてくれるのでしょうか?

 

コレステロールって何?

 

コレステロールという言葉はよく耳にすると思いますが、
コレステロールというのは脂肪の一種です。

 

コレステロールも中性脂肪と同じように体に溜まりすぎると
病気の原因になると言われています。

 

 

■コレステロールの種類

善玉コレステロール = HDL
悪玉コレステロール = LDL

 

 

悪玉コレステロール

悪玉コレステロールというのは、悪玉という名の通り悪いコレステロールのことです

 

悪玉コレステロールLDLは、血液中で増加してしまうと血管壁の傷ついたところなどに付着して、
それが原因で血管が細くなるため、動脈硬化の原因になります。

 

 

善玉コレステロール

善玉コレステロールは、血管にくっついたLDLを取り去って肝臓へ届けてくれる働きをします。

 

そんため、HDLは体内に多ければ多いほど血管をきれいにしてくれますので体に良いのですが、
現代人は、LDLの方が多くなってしまっているんです。

 

 

現代人の食生活が危ない

 

現代人は、肉中心の生活が多くなってきています。
肉類ばかり食べていると、悪玉コレステロールを増加させてしまいます!
ホント最近の若者は、肉中心の食生活となってきており、LDLコレステロールは増える一方なんです!

 

 

また、血液中の中性脂肪が増えると、善玉であるHDLコレステロールが減ってしまいます。
この作用により、悪玉コレステロール(LDL)が増えてしまうんです!

 

つまり、中性脂肪が増加することで、動脈硬化を促進する危険性があるんです。

 

これは、れっきとして病気で「高脂血症」という病気なんです。

 

この状態はどいういう状態かというと、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが
基準の値を超えてしまっている状況です。

 

 

高脂血症には

高トリグリセライド症
高コレステロール症

があります。

 

これらの症状は、自覚症状が現れづらく、実際に動脈硬化が起こって初めて
わかるというケースが多いんです!

 

 

動脈硬化が起こってからでは、手遅れとなってしまいます。
健康診断や人間ドッグで中性脂肪値や悪玉コレステロールが指摘された場合は、注意が必要です!
食生活の改善や運動を取り入れるなど生活習慣を改善することが大事です!

 

 

「イマークS」を毎日飲み続けることで、中性脂肪を低下させ、善玉コレステロールの減少を防止して下さい!
「イマークS」は手軽にはじめられる、動脈硬化の予防策です!

 

イマークSに興味がある方は、ニッスイ公式サイトをご覧ん下さい。

 

 


イマークSはLDLコレステロールにも効果あり?関連ページ

中性脂肪とコレステロールの関係は?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSはコレステロールの低下にも効果を期待できます! イマークSを購入してレビューしています♪
LDLコレステロールが高いのはなんで?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
コレステロールを下げる薬を飲むタイミングは?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
コレステロールを下げる食事法!
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!