イマークSの魚はどこの?

イマークSは、臨床試験で中性脂肪を低下させる効果が
あることが証明されているんです。

 

イマークSには、青魚に多く含まれるEPAが豊富に含まれていますが、
どこの魚のEPAなの?という質問がありました。

 

残念ながら、どこの魚のEPAかはわかりませんでした。
そもそも、魚から摂取したEPAかどうかもわかりませんよね^^

 

EPAは、"エイコサペンタエン酸"の略語です。
いわし等の青魚に多く含まれる、オメガ3系多価不飽和脂肪酸の
一種である、青魚のサラサラ成分です。

 

これは、体内ではほとんど作ることができない必須脂肪酸ですので、
ご自身で意識的に摂取する必要があります。

 

 

EPAの作用はどんなの?

 

EPAには、中性脂肪を低下させる作用が認められています。
ただし、継続的に摂取する必要があります。

 

中性脂肪は、消費エネルギーとして使われるため、体にとって必要な
モノですが、暴飲暴食や運動不足によって余ったエネルギーは
中性脂肪となり増えすぎれば肥満に繋がってしますんです。

 

単純に肥満になるだけではなく、中性脂肪の増加は動脈硬化や
脳梗塞の原因となってしまいますので、注意が必要なんです!

 

動脈硬化については、以下を参考にして下さい。
⇒動脈硬化について

 

 

そんな、EPAやDHAを効率的に摂取できるのが、「イマークS」です。
青魚不足を補うのにも効果的な「イマークS」は、お試しセットがおすすめです。

 

⇒イマークSお試しセットはコチラをクリック

 

イマークSの魚はどこの?関連ページ

イマークSの成分は?
イマークSには、中性脂肪を低下させる作用のあるEPAとDHAが含まれているのが特徴です。飲むだけで簡単にEPAとDHAを摂取することができます♪
イマークSに含まれるEPAって何?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
EPAの効果って何でしょう?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
EPAを摂取するならイマークSがおすすめ♪
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!