コレステロールを下げる食事法!

コレステロールを下げる食事を摂取するには、まず食品に含まれるコレステロール値の改善に効く
栄養成分について知る必要があります。

 

実は、私たちの身の周りにはコレステルール値の改善に優考な栄養成分が含まれている食品が
たくさんあります。
ですから、これらの知識を見つけることで、その栄養成分を毎日食事から摂取することができます。
すぐにサプリメントなどに頼らないように気をつけて下さい。

 

 

食物繊維

食物繊維には、水溶性と不溶性の2種類があります。コレステロール値の改善には、
水溶性食物繊維が有効とされています。

 

水溶性食物繊維は、腸内のコレステロールを包み込んで排泄を促します。
水溶性食物繊維の中でも、オクラや山芋などに含まれるムチン、こんぶやわかめなどの
海藻に多く含まれるアルギニン、こんにゃくに含まれるグルコマンナンやリンゴや柑橘類など
果物の皮に多く含まれるペクチンなどは、コレステロール値の改善に特に有効とされています。

 

 

レシチン

大豆に多く含まれるリン脂質と呼ばれる脂質の一種で、乳化作用でコレステロールを分解する。
また、血管壁に沈着したコレステロールを取る作用もあり、善玉コレステロールを増やすはたらきもあります。
また、中性脂肪を排泄させる効果もあり、血液がサラサラになります。これらの成分は大豆のほか、卵黄にも含まれています。
レシチンというのは記憶力を高める効果もありますので、認知症の予防にも役立つ栄養成分です。

 

 

タウリン

タウリンはアミノ酸の一種です。肝臓で胆汁酸の分泌を促進する作用があるので、結果としてコレステロールの
分解を促進して、コレステロール値を低下させます。タウリンは、イカやさざえ、ホタテ、まぐろなどの魚介類に
多く含まれる栄養成分です。

 

 

ポリフェノール

ポリフェノールは植物の色素や苦味成分で多くの種類があり、その数は400種以上とも言われます。よく聞く言葉ですよね?
抗酸化作用が強く、活性酸素によるLDLコレステロールの酸化を防いで、動脈硬化を予防します。
そのほか、ポリフェノールにはがんや老化の予防にも効果があります。ぶどうの皮や赤ワイン、お茶、大豆、ブルーベリーなどに含まれます。

 

 

ビタミン

コレステロール値を下げるためには、ビタミンとミネラルをたくさん摂ることが大事です。
ビタミン類の中で、ビタミンCとビタミンEはLDLの酸化を防ぐはたらきを、たんぱく質や脂肪の代謝を促進する
ビタミンB6、B12はともに造血に関わる葉酸が重要なはたらきをしています。

 

 

DHA、EPA

DHA、EPAは青魚に多く含まれ、中性脂肪の低下、血小板の凝集抑制作用があり、血液をサラサラにして
動脈硬化を予防します。また、EPAは関節リウマチなどの炎症を鎮め、アルツハイマー型痴呆の進行抑制や
大腸がんによいとされています。

 

 

以上のように、コレステロール値を改善させる栄養成分というのは、数多くあります。
これらが、どんな食品に含まれているのかを参考にし、レシピを作っていってはいかがでしょうか?

 

 

サプリメントや薬には頼る前に、自分でできることからはじめてみましょう!

コレステロールを下げる食事法!関連ページ

中性脂肪とコレステロールの関係は?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSはコレステロールの低下にも効果を期待できます! イマークSを購入してレビューしています♪
イマークSはLDLコレステロールにも効果あり?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
LDLコレステロールが高いのはなんで?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!
コレステロールを下げる薬を飲むタイミングは?
イマークSは口コミでも評判のトクホです。イマークSの効果や味などの体験記を写真付きでレビューしています!